失敗からの学び。スタッフの離職編。

アンソルは創業8年になりますが、

創業メンバーで今まで残ってくれているのは3名。

現在に至るまで、もちろんたくさんの入退社がありました。

退社するスタッフの理由も様々。

独立したい・先輩嫌い・美容師自体辞めて転職したい、結婚したい、給料に不満、そして社長嫌い。

この時とってしまいそうな行動は、残った社員のヒヤリングをして待遇改善や評価制度を見直し、同じことが起きないようにする、ってやってしまいがちなんだけど、

離職した社員の離職理由を解決することが、残った社員が定着する理由と一致するとは限らないのかなと。

むしろ一致しないことが多く、一致しなかった場合には、さらに新たな理由を探すことになり、結局それらしい回答を見出せないことが多い。

退社理由に会社そのものが原因という人ももちろんいると思いますが、結局は個人的な理由がほとんどで、辞める時にそれっぽい理由をつけて、嫌われないように去っていこうとします。

だから離職者の離職理由もとにして離職防止策を打とうとしても、時間の経過で一定数離職者は出るし、一生会社に残って絶対やめませんというスタッフが生まれる確率も決して高くはない。

実際、「私は絶対アンソル辞めません!ずっとついていきます!」

って言ってあっさり数か月後退社するスタッフもいますし。

やはり必要なのは、残ってくれた社員・新しい社員に対して退社者の意見を吸い上げたことによる待遇改善をするのではなく、アンソルにいてくれる社員と共に、新卒採用を継続していくシステム、スタッフが定着するようなビジネスモデルを一緒に作ることが、会社の強みになり、残ってくれた社員の学びにもなると思います。

たとえ一人辞めてしまったとしても、もっと魅力的なスタイリストを2人育てる。

たとえ力のあるスタッフが抜けたとしても、今のスタッフ達のチャンスに変える。

小さい美容室はこうして戦っていかなければいけないのかもしれませんね。

スタッフの頭の中をこっそりのぞける力が欲しい・・・。

次回に続く

【責任転嫁するほど、成功は遠のいていく】

自分もそういうとこあるんだろうけど、自分に不都合なことが起きると、真っ先に他人や環境のせいにするようなことを見事に「秒」で口走る人がいます。

たとえば、先輩からの指示を取り違えて失敗すると、「わかりにくい指示を出した先輩が悪い」と不満をもらし、お客様のお直しやクレームには、「変なお客だったし、髪質も悪いからしょうがない」と開き直る。

いつでも「自分は悪くない」と主張し、問題の原因はすべて他人や社会のせいにする。

そんな人、周りにいませんか?

ほら、「秒」で浮かんできましたよね。

確かに、世の中にはどうにもできないことが数多くあります。

たとえば、人間は生まれてくる場所を選ぶことはできませんから、貧しい家に生まれたのは自分のせいではありません。

私だって天然パーマを望んで生まれてきたわけではない。

できればパッチリ二重が良かったし、背も180㎝は欲しかった。

仕事も同じで、会社の上司は自分では選べませんし、長く続く不況を好況に変えたいと思っても、どうにもならないのは事実です。

今回のようなコロナ禍も、そうですよね。

いくら「〇〇が悪い」と愚痴っていても、なにもしなければ状況は同じままです。

やや極端なたとえですが、あなたが底なし沼に落ちてしまったとして、そのとき「こんなところに沼があるのが悪い」と愚痴るでしょうか。

愚痴っていても沼に沈んでいくだけですから、なんとか必死に考えをめぐらし、この沼を抜けようとするはずです。

人生もこれと同じです。

「〇〇が悪い」と責任転嫁しているのは、沼に落ちて愚痴っているのと同じ。

必死に這い上がる努力をしなければ、沼から抜け出すこと、つまり「成功」を手にすることは一生できません。

天然パーマでも愚痴らない、活かす!

ほら、マジメでしょ? なんなら偉そうでしょ?

                         「マキャベリ式仕事術」一部抜粋

次回へつづく

頑張れニッポン。

私はできる限り国産品を購入します。

さすがにすべてというわけにはいけませんが(スニーカーとかはなかなか・・・)、乗っている車、時計、バッグ、服・・・などなど、ほぼ国内ブランドでございます。

単純です。

悪あがきかもしれませんが、できるだけお金を使うなら国内の企業、国内の資本に投資したいなと。

昔から日本人は外国製が好きですし、ステータスを感じるんでしょうね。

洋楽かっこいいですし、金髪かわいいし。

同じようなデザインでも海外有名ブランドだとなんか髙くておしゃれって思っちゃうし、国産車のエンブレムも無理やり外車のものに替えたら知らない人はいいデザインなら欲しいってなるかもですよね。

しかし日本製は品質・プライスを考えるとコスパは良いですし、何より安心ですよね。

家電なんかほとんど日本メーカーですよね。

ちょっと訳ありでスマホはiphoneですが。

圧倒的に日本家電は世界に誇れると思ってます。

やはり日本の企業を応援したいし、頑張ってほしいですよね。

JCBの手数料もっと安くしてくれー。

最近よく見る

話は変わりますが、日本人って人やモノの見方が本質よりも背景から入ってくる人が多いし、そうなってしまう流れができてしまっていますよね。

メディアに影響されるし、メディアのミスリードも酷いときあるし。

政治家、タレント、有名人、犯罪者・・・、テレビ出る人って必ず名前の横に(年齢)が記されちゃいますよね。

○山○男(48)みたいに。

そもそもこれって何を伝えたいんでしょうか?

年齢必要ですか?

どこか年齢によるパブリックイメージがいまだに強くあって、そこから老けてるとか若いとか、ちゃんとしてるとかしてないとか、そんな情報必要?って思っちゃいます。

それによって、年齢を理由にやりたいことをやめてしまったり、諦めてしまったり、若いという理由で認めてもらえなかったり。

前例主義、出る杭は打つ、そりゃ先進国で唯一の経済成長率マイナスの国になりますよ・・・。

改革、起業、挑戦して失敗した人をさんざん叩いて再起不能にする文化。

よく考えると日本は窮屈な国なのかな、そう思っちゃいますね。

海外に移住しようなー。

たまに経営者さんの集まりに参加するのですが、そこは年齢関係なくお互い話ができるので自然体でいられます。

ちなみに私は地位、年齢、関係なく「敬語」で話すように心がけてます。

だいたいこれさえ意識してれば、まあまあ場の空気はつかめる気がしますね。

年下からタメ口で話されるときもありますが、それでも相手には敬語。

敵を作ることはほぼ無いでしょう。

良いところは学び、悪いところからも学ぶ。

前進あるのみです。

次回に続く

気になるか、気にならないか、やっぱ気になる。

戸田本店からちょっと戸田公園駅に向かって歩くと、避けては通れない家が目に飛び込んできます。

ご近所の方はそりゃご存じかと。

ストリートビューにて

そう、これこれ。このインパクトのある家。

気になりますよね?

もはや地元の人は全く気になってないと思いますが、

普通気になりますよね。

ここの家主であろうおじさんが、天気がいいと交差点に座って日光浴してビタミンDを生成して免疫力を高めてコロナに打ち勝とうとしてるのですが、

たまたま通りかかったときにおじさん上着を見たら、

「出禁は男の勲章」

と書いてありました。

私は思いました。

「出禁」っておかしくないか?

出禁ってことは対象となる場所から出ることを禁じられたわけだから、基本外に出てはいけないってことですよね。

だいたいこの出禁になる人は、対象となる場所から追い出されて今後は入れないようにされたわけなので、「入禁」がしっくりきますよね。

入れなきゃ、出ることは無いのだから。

出ること禁止したら、ずっと居座っちゃうよね。

入出入禁ってすればいいのか・・・。

あと「豚に真珠」とかいうけど、だいたいの動物真珠いらねーだろと思ったり、

猫に限らず小判必要な動物いるか?とか馬に限らずに念佛わかる動物いる?とか犬・・・

皆さんへんな揚げ足とると嫌われますから気を付けましょうね。

次回はまじめにやります

ミラーニューロンの法則

さて行動するにはどうしたら良いのか。

ミラーニューロンとは、自分の目の前の人の「行動」や「言動」を無意識にコピーしてしまう法則の事。

他人という鏡を使って自分自身を映し出すことで自分を磨く性質の事。

これは自分の意思に反して働く。

映し出す鏡(他人)は自分の意識以上に強く映し出されて、無意識レベルでそちらに合わせてしまうため、できるだけ自分がなりたい姿やイメージを持っている人を自分が見る鏡へと映し出したほうが良い。

そしてそれは自分より明らかにレベルが高い人を目標にし、自分からできる限りコンタクトをとる。

これができない人がほとんどで、同レベルや自分より低いレベルの人といたほうが楽で気持ちがいい。

だからこそ行動した人がチャンスをつかみ勝利を手にする。ってこと。

【できるだけかかわりを増やすべき人】

「ポジティブ」・「明るい」・「対等に話をしてくれる人」

【できるだけかかわりを避ける人】

「ネガティブ・悪口・メンヘラ」・「承認欲求が強い」・「マウンティングゴリラ」(常に自分が上であることを誇示する人)

このような人の大半は自分ではそう思ってないとか。

そしてこのような人と仕事をすると生産性が下がり、大切な時間を奪われます。

【やること】

常に目標や夢を紙などに書いて見える場所に貼る。

毎日確認し、上書き・修正をしてみる。

【なぜそうしたほうが良いか】

日本人は遺伝子的にセロトニン(幸福ホルモン)の分泌が欧米人にくらべて極めて低いため、「不安感」を抱きやすい性格の人が多い。

つまり周りと一緒じゃなければいけないという意識が自然と働きやすく、ミラーニューロンの影響をもろに受けやすい国民性がある。

自分が成長する環境下では飛躍的に成果を出すが、そうでない環境下では多くのストレスを抱えながら生きるため生産性や効率が下がり、心身共に疲弊しやすいく、成果が出にくくなる。

しかしこの不安感を多く抱きやすい国民性が、自然災害への備えや、地震に強い建物の設計技術や、お互いに助け合う精神も高く、今回のコロナの予防意識で感染拡大を諸外国よりも防げているともいえるそうです。

その不安感があるからこそ、これからの時代を生き抜くスキルを、変化に対応できる柔軟性を身につけなければならない。

不安感を消すことのできるのは、国でも会社でも他人でもなく、自分だということですね。

次回に続く

エール大学の研究

自分の人生の目標や夢を持っているが頭の中だけで考えている学生が97%に対して、夢や目標を持って紙に書いたり、壁に貼ったりと見える化している学生が3%いるそうです。

その学生が就職した時には、年収の差が頭の中だけの学生より見える化した学生と比べると32倍の差がついているという研究結果が出たそうな。

つまり、その3%の人が残りの97%の学生の収入をすべて合計しても余ってしまうほどの収入を得ているということです。

目標を決める→壁に貼る。以上

これだけで結果が大きく変わってくる、とわかっていても行動しない人は一定数いるんですよね。

矢沢永吉さんが若い頃のインタビューでも言ってたな。

「いつの時代も、やる奴はやるし、やらねー奴はずっとやんない。」

そうなんだと思いますね。

つい最近までも「やっちゃえ。NISSAN」って言ってたしね。

かっこえーなー。

個人的には日産のMURANOとJUKEの新型を日本でも販売して欲しいな。

脱線。

次回に続く

これまでも、これからも、生きていくには知識と経験。

20代以上の大人の3分の1が小学校3年~4年の数的思考力しかないそうです。

衝撃的ですね。

65歳以下の日本の労働人口のうちの3人に1人はパソコンを使えない。

衝撃的ですね。

Photo by Pixabay on Pexels.com

今までの労働者は無意識の知能→暗黙知という直感でも仕事ができてきた。

なぜなら美容師自体がそれに近い業種で、周りにロジカルな思考を持ち、知識や知能を武器に仕事をする人たちとほとんど関わらないから、パソコンができなくても別に不自由を感じたことが無い。(提供する物の種類が違う)

しかしこれから考えなくてもいい仕事は機械へと移行していき新興国へ仕事が流れ、人よりシステムに投資したほうが効率的で、24時間365日稼働することが可能。

今後来るであろう知識社会に適応できる1割と適応できない9割の間で格差が広がるとのこと。

しかし現段階で美容業界を激震させるイノベーションをすぐに起こすことは難しい。

だからこそ今できることは『美容室として、美容師としてのレベルの底上げ』

次回へと続く

WordPress.com で無料サイトを作成
始めてみよう